Skip to content

なあるほど〜”ドイツの川にはなぜ堤防がないのか 氾濫が起きて当たり前の日本の河川” JBpress日本ビジネスプレス

2011/07/21

“写真をよく見ますと、こんなに大きな川なのに、いわゆる堤防と言うべきものがありません。しかも、川の水面と道路の高さの差は2メートルを切っているように見えます。ドイツでも雨は降りますし、春には雪解け水もあるはずです。なぜ堤防がなくてもよいのでしょうか。”

“やり過ぎた橋の代表例が、3ルートも造った本州四国連絡橋でしょう。お金をかけすぎ、通行料はべらぼうに高くなり、強風時は危険ということで封鎖されてしまう始末でした。強風時に使えないなら、従来の渡し船と変わりません。料金が安いだけ渡し船の方がよかったという声が多く、瀬戸内海の島間の船による連絡は復興しつつあると聞いています。”

ドイツの川にはなぜ堤防がないのか 氾濫が起きて当たり前の日本の河川 JBpress日本ビジネスプレス.

広告
2件のコメント leave one →
  1. 2013/03/03 17:54

    そう言われれば、向こうの川って護岸はしっかり固められてますが、堤防はないですね~

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。